So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

お知らせ


以下のコメントは削除します。
[ひらめき]商品の宣伝や記事と無関係なWebへの誘導目的と思われるもの。
[ひらめき]誹謗中傷や公序良俗に反するもの。


前の16件 | -

旧古河庭園の秋バラ 2018 [旅・場所]

秋バラの続き。

リオ・サンバ
リオ・サンバ。(アメリカ、1993)

カーディナル
カーディナル。(ドイツ、1985)

緑光
緑光。(日本、1991)

インカ
インカ。(ドイツ、1992)

ブルームーン
ブルームーン。(ドイツ、1964)

フロージン’82
フロージン’82。(ドイツ、1982)

自分が見に行った時は8割くらいのバラが咲いていたが、一部のバラはピークを過ぎている感じで、今回は撮影がちょっと難しかった。
でも香り高いバラの香りに包まれながらの散歩は気持ち良かった。(^^)
nice!(14)  コメント(7) 

久しぶりの旧古河庭園 [旅・場所]

旧古河庭園
久しぶりに旧古河庭園へ行ってみた。(先月末あたりのこと)
看板にある通り、目的は秋バラ。

旧古河庭園
この独特な雰囲気のある洋館は、やはり晴れた日に見たい。
今回は洋館とバラの組み合わせを数点アップ。

旧古河庭園
バラの花壇と一緒に洋館を撮影。
東側に位置する芝生が植えられた広場側からだと、バラの花を大きく撮りつつ洋館をフレームに収められる場所があまりない。

旧古河庭園
ということで、南側のバラ園側から洋館と赤いバラとを撮ってみた。

旧古河庭園
こちらは白いバラと洋館の組み合わせ。

個別のバラについては別記事で。
nice!(11)  コメント(4) 

立冬らしいが [雑感]

うろこ雲
今日は立冬。
立冬は冬の始まりを示す節気の一つ。
ただ、ニュースでもやっていたとおり、鹿児島は夏日だったらしいし、関東以西は20℃を超えたところも多かった。
立冬という感じがしない。(^^;
写真は今日撮ったものではないが、巻積雲。
よくいわし雲とかうろこ雲とか呼ばれる雲。秋によくみられる雲。
nice!(16)  コメント(6) 

ソネブロオフ会(実は忘年会) [飲食・料理]

例年、リュカさんが企画してくれる忘年会。タイミングが合わないと1月で新年会という場合もあるけど、今年はそれぞれの予定などの都合で、11月1周目の金曜日に恒例のジョンティで行うこととなり参加。
仕事の兼ね合いでスタートには間に合わず、15分遅れくらいで到着。

ベル・ビゥークリーク
まずはベル・ビゥークリークで乾杯。

根セロリのサラダ
根セロリのサラダ。
ここに来ると、ほぼ毎回いただいている。根セロリは茎ではなく根を食べるが、日本のスーパーではあまり見かけない。

江戸前銀鮭の冷燻
江戸前銀鮭の冷燻。
これは非常に美味い。

鴨のフォアグラの冷製
鴨のフォアグラの冷製。
味は、手前からイチジクのジャム、コショウ、岩塩。
写真には撮っていないけど、一緒に出されたブリオッシュも美味しかった。

20181103e.jpg
キノコとダブルチーズのタルトフランベ。
チーズが濃厚。

アンドュイエット
アンドュイエット。
これはメニュー版にはない裏メニューだそうで、自分自身他の店も含めて初めての一品。
アンドュイエット、あるいはアンドゥイユは豚の腸に豚の腸や胃などの内臓を中心に、各種部位の肉を詰めたもので、小腸に詰めたものはアンドュイエットと呼ばれ、大腸に詰めものはアンドゥイユと呼ばれる。
各店や地域で細かな調理法や材料の組み合わせは変わるようだ。

アンドュイエット
アンドュイエットを半分にカットしたところ。
切り分けを仰せつかったので切ってみた。
腸の弾力がすごい。
食べてみると、腸の歯ごたえが抜群。これは美味い。
裏メニューなのが残念だが、作り方が非常に面倒で多くの工程があるので、仕方ないのだろうな。

鳥取産イノシシのすね肉の煮込み
鳥取産イノシシのすね肉の煮込み。
ほろほろと崩れる手前くらいによく似こまれた肉は歯ごたえとほどけかたがちょうど良い。
たっぷりと旨味を含んだイノシシ肉は全く臭みもなく、とても食べやすかった。

栗のブラマンジェ
栗のブラマンジェで〆。
舌触りがとても良い。

今回アップしていないが、ワインは3本で店の人に選択は任せた。
近況をいろいろと話せて楽しかった。
ブログのこととか、写真のこととか、旅行のこととか、もろもろ。

毎年の企画と声かけをありがとうこざいます。そしていつもいろいろな土産物をいただいて感謝。>参加の皆様
nice!(17)  コメント(8) 

大平山 [旅・場所]

父が少し時間があるから、大田市三瓶町にある山へ行ってみようと言い出し、美術館を後にして、そちらへと向かった。

東の原三瓶観光リフト
東の原三瓶観光リフト。
この右側の方にもリフトがあるがそちらはスキー用。

大平山
リフトを下りて5分くらい歩くと山頂に着く。
大平山は標高854m。
あいにくの天気で眺めはいま一つ。

東の原三瓶観光リフト
しばらく山頂あたりで父と話をし、リフトで再び下へ。
ススキが見ごろ。

ここからはそのまま広島へ。
途中で道の駅に寄ったりしたが、特に大きなできごともなく。
島根旅行の話はこれで終わり。
nice!(16)  コメント(4) 

足立美術館の庭 [美術・娯楽]

この時期、横山大観 VS 日本画の巨匠たちという特別展をやっていて、展示はとても良かった。
これだけの作品を土曜日でもじっくり眺められるのはここだからだとも思う。(東京の休日の美術展は人の頭と背中を見に行く感じなので……)

館内の写真は一切の撮影が禁止なので、庭の写真をいくつかアップ。

足立美術館の庭
本館側には枯山水庭や苔庭などさまざまな庭がある。

足立美術館の庭
ここには茶室もあり、そのあたりの写真。

足立美術館の庭
白と緑のコントラストが美しい。

足立美術館の庭
窓が絵画の縁のようになっている場所から。
これは都会では無理だ。

足立美術館の庭
晴れてはいたものの雲が多く、紅葉には少し早い時期なのだけど、やはり見事な庭園。
ここは紅葉する季節に訪れてみたい場所。

足立美術館を十分に堪能し、目録を購入して、出発。
このあとは夜に約束があり、広島方面へと向かう。
nice!(13)  コメント(5) 

足立美術館へ [美術・娯楽]

宿を後にし、次に向かったのは足立美術館
実はここは一度も訪れたことがない。
父は二度、弟も一度行ったことがあるとのことだが、自分はなかった。
カーナビに行き先をセットして、出発。

足立美術館
到着。
アメリカの日本庭園専門雑誌では15年連続で日本一となっている庭園があまりにも有名。
フランスの旅行ガイドでも三ツ星を獲得している。

足立美術館
午前10時過ぎに到着したが、すでに駐車場には車がたくさん。
年間60万人以上が訪れる有名な美術館なので、これは当然か。

入場券を買って中へ。
nice!(18)  コメント(4) 

星野リゾート 界 出雲の朝食 [飲食・料理]

星野リゾート 界 出雲の朝食
星野リゾート 界 出雲の朝食も夕食の場所と同じところ。
テーブルに写っている布は地元で織られた織物。

星野リゾート 界 出雲の朝食
伝統的な和朝食。
味付けはほどよく、やや薄めで好み。

朝食をいただいたあとはロビーでコーヒーを飲み、土産物を買って出発。
nice!(18)  コメント(6) 

星野リゾート 界 出雲の中庭 [旅・場所]

星野リゾート 界 出雲の中庭
ロの形に近いレイアウトとなっている星野リゾート 界 出雲
着いた時は雨が降っていて食後もずっとこんな感じだった。
せっかくライトアップされていたので、ガラス越しに写真を撮影。
見通しの良い竹林の間に竹を使った照明が用意されている。

星野リゾート 界 出雲の中庭
翌朝撮った中庭の様子。
この空間はもう少し工夫できるのではと思ったが夜はなかなか綺麗だった。
nice!(15)  コメント(2) 

星野リゾート 界 出雲の晩御飯 [飲食・料理]

宿で寛ぎ、温泉に入ったあとは食事。
フロントで伝えられていた時間に食堂へと移動した。
他の客とあまり目線が重ならないように、席と席の間にのれんのように布が足らされている。

瓶ビール
まずはビールで乾杯。

のどぐろの炙り 柚子大根
先付。のどぐろの炙り 柚子大根。
脂がのっていて美味。

土瓶蒸し
お椀。土瓶蒸し。中は甘鯛、海老芝煮、椎茸、ブナシメジ、三つ葉。
香りが良い。

宝楽盛り
宝楽盛りと名付けられたこれは、八寸、お造り、酢の物が一式のせられたもの。
八寸は、雲丹と白玉のみたらし、鶏と干し葡萄の松風、胡桃豆腐茶巾揚げ、鮭の幽庵焼き、ぶどうの白和え、秋刀魚油煮ずんだ和え、甘海老紹興酒漬け いくら添え。
お造りは、タイ、ブリ、ヒラメだったと思う。
酢の物は、モズクの土佐酢和え。

揚げ物
揚げ物。帆立真薯蓑揚げ、茸天婦羅。
蓑揚げが美味かった。

湯葉の茶巾蒸し
蒸し物。湯葉の茶巾蒸し。
父は70歳を超えているので、こういう蒸し物や和え物が少しずつある方が合っている。

台の物
台の物。加太婦羅那。
運んできてくれた人によると、松江の名産であるシジミを従ではなく主とした料理をということで考案したのがこの加太婦羅那と名付けた鍋なのだとか。
シジミの他に、白身魚、鶏肉、小松菜、ブナシメジ、プチトマトが入っている。
出汁がよくきいていて美味しかった。シジミも小さいアサリくらい大きなもので食べ応えがある。

食事
ご飯と赤だしと漬け物で食事は終わり。

黒蜜ムースと栗の甘露煮
甘味。界出雲特製酒粕のデザートか、黒蜜ムースと栗の甘露煮が選べるということで、後者にした。
酒好きな父は前者。

これで食事はおしまい。
nice!(14)  コメント(5) 

星野リゾート 界 出雲の部屋付き露天風呂 [旅・場所]

星野リゾート 界 出雲の部屋付き露天風呂
部屋に付いている露天風呂はこんな感じだった。
雨の中、宿に着いたばかりの時に撮ったもの。
一応、雨が降っても、この垂れ幕のような布が雨を防いでくれるので、露天と言えども気にせず入浴可能だ。
この時は雨がそこそこ降っていて、父親も大きな大浴場の方が良いということで入らなかった。

星野リゾート 界 出雲の部屋付き露天風呂
翌朝に再度撮影。
朝風呂はここに入ろうと父が言い出したので、風呂の蓋も開けてみた。
2人で入るにはちょうど良いが、家族3人以上で入るにはちと無理がある感じ。
nice!(16)  コメント(4) 

星野リゾート 界 出雲で泊まった部屋 [旅・場所]

星野リゾート 界 出雲
チェックイン後、部屋に案内された。
部屋自体は温泉旅館の和室といった感じ。
十分に広く、4人くらいは普通に泊まれそうな部屋。
実は予約をしたのが少し遅く、一番高い部屋しか空いていなかった、ということもあるのかもしれない。
掘りごたつのある部屋があり、外には桧の露天風呂がある。
驚くほどの施設ではないが、必要十分という感じ。

星野リゾート 界 出雲
ペットボトルの水が2本置いてあったので、その内の1本を撮ってみた。
伊豆の方もペットボトルがあったようななかったような。(^^;
nice!(13)  コメント(6) 

星野リゾート 界 出雲へ [旅・場所]

出雲から松江方面へ向かい、予約していた宿に到着。
星野リゾート 界 出雲
星野リゾート 界の利用は昨年の伊豆の時以来2度目。

星野リゾート 界 出雲
チェックインの際に周囲を見渡すとなかなか特徴的な内装。

2星野リゾート 界 出雲
住所の上では松江なのだけど、出雲と名付けているので、出雲の神々や伝説を意識したと思われる。

星野リゾート 界 出雲
この橋のすぐ横から小さい庭に出ることができた。(翌朝行ってみた)

星野リゾート 界 出雲
ここは2階建てがロの字に繋がったような構造となっていて、ホテルというよりは旅館という感じの造り。

星野リゾート 界 出雲
予約した部屋へ。
nice!(14)  コメント(2) 

雨の出雲を [旅・場所]

出雲大社
雨の出雲大社を後に。
松江から出雲への移動は、宍道湖の北側を通るルートだったが、その道は通らず、出雲から松江方面へ宍道湖の南側を通るルートで移動。
たまたまだと思うが、やはり宍道湖のあたりは行きも帰りも降りが激しかった。
このあとは宿泊場所へと向かう。
nice!(16)  コメント(4) 

出雲大社にて [旅・場所]

出雲大社はあいにくの雨だったが、雰囲気はむしろそれらしい気もする。
敷地内の部分部分に着目して撮った写真を何点かアップ。

出雲大社
出雲大社
出雲大社
出雲大社
出雲大社
出雲大社

今回は父と同行していて、親孝行のつもりだったので自分の意のままに写真を撮りまくることはできず、また次の移動もあったので、軽く参拝して一周して終わり。
いつか、天気の良い日に別の機会を作ってまた訪れたい。
nice!(15)  コメント(2) 

出雲大社へ [旅・場所]

松江から出雲へと移動してたどり着いた場所は出雲大社
有名な神社。
ここは一度訪れたことがあるのだけど、もうずいぶんと前のこと。
10年くらい前から5年かけて行われてきた遷宮が行われている。

出雲大社
あいにくの雨。
松江から出雲までの運転も自分がしたのだけど、場所によってはかなり強い雨で観光できるかどうか不安だったが、出雲あたりは小雨程度で助かった。

出雲大社
祭神は大国主大神。
10月は一般的には神無月と呼ばれるが、出雲では神在月と呼ばれる。
全国から八百万の神々が集まり神議が行われることにちなんだもの。

出雲大社
神楽殿。
もう少し近づいた写真は別の記事で。
nice!(12)  コメント(4) 
前の16件 | -