So-net無料ブログ作成

花の森クラリス [旅・場所]

野坂オートマタ美術館を出て西方面へ。
1kmくらい歩く。
これまた上り坂で標高差60m以上ある。
そして、花の森クラリスへ到着。
花の森クラリス
宿泊する伊豆高原にあるホテル。
受付でチェックインすると、別の建物に案内された。

花の森クラリス
途中にある庭園。
真夏よりは春や秋の方が花が多いのだと思う。

花の森クラリス
本館の玄関を入ったところ。

花の森クラリス
部屋の様子。

花の森クラリス
それぞれの客室専用の露天風呂。

この時点で17時くらい。
夕食は18時半からということで、外出して観光するにはちょっと時間的に厳しく、部屋でのんびりすることとした。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

野坂オートマタ美術館 [美術・娯楽]

伊豆高原美足の湯で足湯を楽しんだ後は、桜並木の通りをひたすら北上する。
目的地への距離としては1.5kmなのでそれほど遠いわけではない。
ただ、真夏の直射日光下を歩くので、意外と体力を消耗する。あと上り坂続きで、標高で100mくらいあるため、大きな荷物を持っていて足に自信がないなら、タクシーやバスを使った方が良さそう。

20分くらい歩いたところで、目的地の野坂オートマタ美術館へ到着。
野坂オートマタ美術館
ここを選んだのは、宿へ向かう途中にあるということと、オートマタを集めた珍しい美術館だからという理由。

野坂オートマタ美術館
中にはさまざまなオートマタが展示されている。オートマタは人や鳥を模した機械仕掛けの工芸品。
意外と歴史は古く、17世紀あたりから歴史に登場している。

シャボン玉を吹く少女
『シャボン玉を吹く少女』。ふいごを使った空気送出の機能でシャボン玉を吹く。

踊る貴婦人
『踊る貴婦人』。足元の台に3個の車輪が付いていて、ワルツを踊るかのような円の動きをするからくりになっている。

ポリシネール
『ポリシネール』。イタリアの即興喜劇の男の役柄をイメージしたもので、頭と右手が動く。

ほとんどのオートマタが実際に作られた古い時代のもののため、動いている様はビデオ上映を見ることになるが、その技術に驚かされる。
そのビデオの中では、自分が実際に訪れたサンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館で見たものについても言及されており、見ていて飽きなかった。

手紙を書くピエロ
ここで有名な作品の一つが、この『手紙を書くピエロ』。自分が訪れた時は実演はなかったのでビデオで見たが、なかなかすごい。
夜更けにピエロが手紙を書いているが、睡魔におそわれて眠り始めると、ランプの炎が小さくなって消えかかる。ピエロがそこでハッと目覚め、慌てて手をのばし火を大きくし、また手紙を書き続ける、という動作を繰り返す。
これがゼンマイだけでできているわけだ。
日本でもからくり人形で有名な作品があるが、考える人の発想力や芸術センスが一流なのだろう。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

伊豆高原美足の湯 [旅・場所]

伊豆テディベア・ミュージアムを後にして、再び伊豆高原駅へ歩いて戻る。
4つ前のブログで、伊豆高原駅から直線距離で最も近いミュージアムと書いたが、歩く距離としてはちょうど1kmくらい。それなりにアップダウンがあって、真夏の晴天下なので、暑い。(^^;

十数分歩いたところで、駅前ロータリーに到着。
コインロッカーで荷物を出す前に、伊豆高原美足の湯へ足をつけてみることにした。

伊豆高原美足の湯
無料でだれでも利用できる足湯場所。
この写真だと左上側に見えているのが、伊豆高原駅のプラットフォーム。
ちょうど駅を出入りする電車が見える。

足湯で寛いだらコインロッカーから荷物を出して、次の場所へと向かう。
nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ティールームで夏みかんスカッシュ [飲食・料理]

夏みかんスカッシュ
一通り見て周ったあとは、併設されているショップをひやかし、ティールームで休憩することに。
メニューから、夏季限定の夏みかんスカッシュをオーダー。
水の入ったグラスやシュガーポットなどにも全部テディベアが印刷されている。

テディベア・ミュージアム
外は相変わらず良い天気。
夏の日射しを受けて体感気温はかなり暑いため、外で飲食している人はいない。

テディベア・ミュージアム
外のチェアにもテディベアが。

少し休んだら、出発。
このあとは、そこそこ歩くこととなる。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

となりのトトロのぬいぐるみ展 [美術・娯楽]

2階は特別展として『となりのトトロのぬいぐるみ展』をやっていた。

ネコバス
ネコバス。
となりのトトロに出てくるキャラクターはどれも印象的だが、これもインパクトがある。
人が普通に入れる大きさのネコバスはこれまで何体か作られてきたとのことで、これはその一体なのだとか。

まっくろくろすけ
天井の隅っこには、まっくろくろすけが。

ネコバス
館内だけではなく、外にも、ネコバスなどのキャラクターが展示されている。
ジブリファンとか、子供連れにはとても良さそうな展示だった。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

伊豆テディベア・ミュージアムの中へ [美術・娯楽]

伊豆テディベア・ミュージアム
建物の中へ入ると、テディベアの受付が。

伊豆テディベア・ミュージアム
チケットを購入して、ミュージアムへと足を踏み入れる。
ここは写真撮影可。

伊豆テディベア・ミュージアム
さまざまなテディベアが、いろいろな形で飾られている。
一つずつガラスケースに入れられているものもあれば、この写真のように電車の中に集うテディベアというようなテーマで飾られているものもある。

伊豆テディベア・ミュージアム
こちらは遊園地がテーマ。

伊豆テディベア・ミュージアム
暖炉の前に並ぶテディベア。

伊豆テディベア・ミュージアム
ここは2階建て。
2階に上がって、1階の様子を撮ったもの。
電車は奥手前、暖炉は右奥、遊園地は左奥にある。
それほどの広さはないが、展示点数はかなり多いと思う。
nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

伊豆テディベア・ミュージアムへ [美術・娯楽]

伊豆テディベア・ミュージアム
伊豆高原駅を下車して、昼食をとり、コインロッカーに荷物を預けて、どこへ向かうか検討。
天候だったりバスの時間だったり体調だったりその時の気分だったりで、行き当たりばったりに行動しようということで、駅から直線距離で一番近いミュージアムへ行ってみることにした。

伊豆テディベア・ミュージアム
伊豆テディベア・ミュージアム
メルヘンだ。
実は、ナンバリングされたテディベアを1つ持っていたりする。
ソムリエの格好をしたテディベアですごく前に買ったもの。
なんで買ったか覚えていないが、確か記念イベント福袋だったか、そういうものの中に入っていたような気が。

伊豆テディベア・ミュージアム
夏休み期間中なのですごく人が多いのかと思いきや、平日のおかげか、駐車場などを見る限りそれほど混んではいない模様。
敷地の中へ。
nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

海鮮料理おかりばで [飲食・料理]

伊豆高原駅に着いて、まず考えたのが昼食。
正午頃に着く踊り子号だったので、車内では食べないこととし、着いてから食べることにしていた。
事前にそれほど調べていなかったのだけど、駅ビル「やまもプラザ」内にいくつか飲食店があることは知っていたので、当日の混み具合などで決めるつもりだった。
海鮮系が食べられる海鮮料理おかりばが良さそうだったので入店。

メニューから、おかりば丼をチョイス。
店名が付けられているが、まあいわゆる海鮮丼だ。

おかりば丼
運ばれてきたおかりば丼。
絶賛するほどではないものの、なかなか美味しい。
一緒に出てきた小鉢の切り干し大根の煮物はちょっと味が濃くかつ甘くてあまり口に合わなかったのが残念。
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊豆高原駅に到着 [旅・場所]

伊豆高原駅
伊豆高原駅に到着。
東京駅から一本で行けるので踊り子号だとその点は楽。
東京を出発する時はほとんど雲に覆われた感じの空だったのだけど、伊東あたりからは雲の少ない状態に。
天候には恵まれた模様。(^^)
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

踊り子号からの眺め [旅・場所]

踊り子号はいくつか種類がある。
普通の踊り子号以外に、スーパービュー踊り子号、マリンエクスプレス踊り子号。
今回乗ったのは、普通の踊り子号だ。
一番本数が多くて3つの中では一番安いのが踊り子号。

東京駅から乗車し、1時間くらいしたところで小田原駅辺りを走り、それから少しすると、相模湾が見えてくる。
相模湾

車窓から見る海はとても美しい。
晴れていると夏の海の色合いがより鮮やかだ。

相模湾
都心に住んでいるので、海というと、基本的には台場あたりの海にしか縁がない。
地元の広島に戻っても市内の海はそれほど綺麗に見えることはなく、こういう光景には心が躍る。
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

踊り子号に乗って [交通]

踊り子号
8月下旬のこと。
これまでに踊り子号には1度だけ乗ったことがあった。
もう10年以上前のことで、ずいぶんと久しぶりに乗車。
ずっと奈良&京都旅行の記事が続いていたので封印していたのだけど、そろそろアップを開始。
東京駅から踊り子号に乗って、いざ出発。
nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

チョコパイ<PABLO監修 プレミアムチーズケーキ>とチョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て> [飲食・料理]

チョコパイ<PABLO監修 プレミアムチーズケーキ>とチョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>
写真は、チョコパイ<PABLO監修 プレミアムチーズケーキ>チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>
チョコパイは、チョコレート半生ケーキの菓子で、1983年に発売が開始されたシリーズ。
今回買ったのは、個包装になっているタイプで、チョコパイ<PABLO監修 プレミアムチーズケーキ>が今年4月から、チョコパイ<PABLO監修 和のチーズケーキ 京味仕立て>が今年9月から発売されている。
ちなみに、プレミアムチーズケーキの方は一旦販売終了となっていたのだけど、和のチーズケーキの発売に合わせて、再販売しているとのこと。

このシリーズ、登場したこ、何だか菓子コーナーにある菓子にしては上質感があるなと思っていて、たまに買っていた。
最近はほとんど買っていなかったけど、個包装なら一個くらい買って帰るのも悪くない。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年の紅葉前線は [雑感]

モミジ
今年は夏の長雨、何度かの台風来襲などで、紅葉前線はどうなっているのかと調べてみたら、関東はおおむね例年並みの予想になっていた。
色づきも現時点での予想では悪くないそうだ。

これまで局所的な紅葉は撮りに行くことは多かったが 山全体が紅葉とかそういう場所へはあまり行ったことがない。
行ったとしても、山の中であって、紅葉する山を外から眺めた記憶はなかったり。
毎年ちょっと考えてみようかなと思うものの、行くまでの混雑と行ってからの混雑の想像だけで、計画を本気で立てないまま終わることが多い。
今年は少し真面目に考えるかな?
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

台風一過で [雑感]

青空と東京スカイツリー
台風一過で久しぶりに雲のない青空を見た。
朝の通勤ラッシュ時間帯のダイヤ乱れは勘弁してほしかったが、鬱陶しい秋とは思えない曇天続きが解消されたのは少しうれしい。
ただ、秋晴れ続きになるのかと思いきや、曇りがちな天気は変わらないようだ。
10月ってこんなに雲尽くしだったっけ……。
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし [飲食・料理]

塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし
塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だしを買ってみた。
最近、インスタント麺の食品でよく見かけるようになった縦長の少し深い容器。
コンパクトなので買い置きしやすい。
ただ深い分、ちょっと混ぜにくい。
塩焼そばらしい味付けで、わりと食べやすい味かな。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

炭火やきとり さくらでランチ [飲食・料理]

牛ステーキ定食
久しぶりに炭火やきとり さくらにランチで入った。
各店舗や時期によってランチメニューは変わるようで、頼んだことのない牛ステーキ定食を頼んでみた。
通常時1300円くらいする値付けがその日限定で500円となっていたため。
ご飯、味噌汁、漬け物、サラダがついて500円はかなり安い。
絶賛するほどではないが500円なら十分な量と味だった。

まとめて仕入れをするなど工夫をしているのだろうけど、人件費とか考えると外食チェーンって大変だなぁと思ったり。
nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理