So-net無料ブログ作成
旅・場所 ブログトップ
前の16件 | -

浜離宮恩賜庭園で見かけたトンボと鳥 [旅・場所]

浜離宮恩賜庭園を一周している間に、チョウやらトンボやら鳥やらを見かけた。
あいにくと動きの速いものを撮ることに慣れていない上に、長望遠レンズを持っていなかったので、あまりたくさんは撮れなかった。

クロイトトンボ
クロイトトンボ。だと思う。
ドクダミを撮っていると、目の前にいて驚いた。
あまり動かなかったのでそれなりに寄れた。

ムクドリ
ムクドリ。
これはどこでもよく見かける鳥だ。
芝生のあたりにたくさんいた。

スズメ
スズメ。
これまたよく見かける鳥。
春は菜の花畑、秋はコスモス畑になる場所だが、この時期は土に戻るので、スズメたちの楽園に。

実は畑の跡地をよくよく見ると。
スズメの作った穴
浅い穴がぼこぼこと開いている。

スズメ
これはこうやってスズメが砂遊びをしていてできた穴。
この時はきちんと長望遠のレンズを持って来るのだったと思った。
近づくと当然逃げるので。(^^; この写真も手振れしたいまいちのものでしかもそれをトリミングしたので写真としてはダメダメだが、こんな感じですっぽり穴に入って、砂遊びをしていた。
羽繕いの様子はなかなかかわいい。

面倒でも公園に行くときはやっぱり長望遠のレンズも持って行こう。重いけど。
nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

浜離宮恩賜庭園の初夏の花とか実とか 2018 [旅・場所]

アジサイ以外の花や実も観察できたので、何枚かアップ。

ハナショウブ
ハナショウブ。
小さな水辺沿いに植えられている。

ハナショウブ
違った角度から、ハナショウブ。

シロツメクサ
シロツメクサ。
もう瑞々しくない場所もあるが、それなりの場所を見つけて撮影。

ドクダミ
ドクダミの群生。
後ろの方も全部ドクダミ。

ソメイヨシノの実
ソメイヨシノの実。
あいにくと美味しくない実なのだそうで。

浜離宮恩賜庭園は手入れが行き届いていて気持ちの良い公園。
花々もそれなりに見られるので、たまに出かける。
nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

浜離宮恩賜庭園のアジサイ 2018 [旅・場所]

浜離宮恩賜庭園
浜離宮恩賜庭園へ行ってみた。
この時期はアジサイが見られるだろうと思い。
まだツツジが残っている場所があったので、そこでパチリ。

アジサイ
都心の街路に植えられたアジサイが咲いているので、公園内も咲いているだろうと予想していたが、若干早いかなというくらい。
満開ではないが、写真が撮れるくらいには咲いているという感じ。

アジサイ
日陰になるような場所に植えられているアジサイが多く、近くの木々の枯れ葉や花びらが積もっていたりして、意外とアジサイ主役の写真が撮りづらい。

アジサイ
潮入の池付近で撮ったアジサイ。

アジサイ
ガクアジサイを背景に。

アジサイ
浜離宮恩賜庭園も外国の観光客が多いが、アジア系よりは欧米系の人をよく見かけた。
買い物や施設へ行くのがアジア人で公園へ行くのが欧米人に多い気がする。

アジサイ以外の写真は別記事で。
nice!(15)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

頻繁にライティングが変わる [旅・場所]

ももいろクローバーZ特別ライティング
以前はたまに特別ライティングが行われていたイメージのある東京スカイツリー
この写真は、5月7日~5月13日の間に行われていた「ももいろクローバーZ特別ライティング」。
その前はというと、3月中旬から4月上旬まではサクラをイメージした特別ライティングがあったし、現在は映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をイメージした特別ライティングが行われている。
以前に自分のエイプリールフールネタで、自分好みの色合いリクエスト販売開始みたいなことを書いたけど、この調子だと本当にそういうことをやるようになったりして。
nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

GWの向島百花園-3 2018 [旅・場所]

セイヨウタンポポ
セイヨウタンポポの綿毛。
これは植えられているのではないと思うが。(^^;

アザミ
アザミ。
たぶんノアザミだと思うが、アザミの見分け方はよくわからない。

アザミ
色違いのアザミ。
あまりピンク色のものは見ない気がする。

この日(5月1日)はかなり気温が上がり、半袖Tシャツでも暑いくらいだった。
太陽がまぶしい感じだったので、露出オーバー気味な感じで何点か撮影してみた。
自分にとってはちょっとだけ実験的な感じ。

モミジ
モミジの葉を逆光で。
初夏っぽい感じになったかな。

シラン
シランを再び。
昨日写したシランの写真とISO感度も露出も同じでシャッタースピードはこちらの方が速い。
背景が明るいか暗いかとか、日向か日陰かとか、逆光か順光か、とかでイメージがかなり変わる。

タムケヤマ
最後はタムケヤマの葉っぱを。
この時期のタムケヤマはもっと濃赤色なのだけど、フラッシュを強制発光させて明るくなるように撮ってみた。

これで3日続きの向島百花園の写真は終わり。
nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

GWの向島百花園-2 2018 [旅・場所]

アヤメ
アヤメ。
フジやツツジはほぼ終わり、既にアヤメが綺麗に咲いていた。
今年は花期が早い。

キショウブ
キショウブ。
要注意外来生物に指定されている。

シラン
シラン。
日本、中国、台湾の原産で、野生のものは準絶滅危惧種なのだそうだ。

オダマキ
オダマキ。
周辺の花びらに見える部分はガクで、内側が花びら。

ムラサキセンダイハギ
ムラサキセンダイハギ。
北アメリカ原産のマメ科の植物。これは初めて撮った気がする。

白加賀の実
梅の実。品種は白加賀。
梅酒の原料にできそう。ここに限らないけど、公園や庭園の梅の実は収穫しないで放置するものなのかな?

今回の向島百花園の写真はあと1回記事をアップしたら終わり予定。
nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

GWの向島百花園-1 2018 [旅・場所]

向島百花園
一昨日の5月1日は天気が良かった。
朝っぱらから窓を開けていろいろと断捨離をやってスッキリ。
昼頃に外出。
向島百花園へ行ってみた。
写真は大体撮った順。

ゼンテイカ
ムサシノキスゲと品種名板にあったが、これは分類上はゼンテイカらしい。

カラタネオガタマ
カラタネオガタマ。
ここには10回以上訪れているが、あまり目立たない花のせいかそれと認識したのは初めて。

タニウツギ
タニウツギ。
日本特産なのだそうだ。

20180503e.jpg
マユミ。
果実は何度か撮ったことがあったが、花を撮ったのは初めて。

バイカウツギ
バイカウツギ。
本来の花期は6月~7月なのだそうだが、結構咲いていた。

ムラサキツメクサ
ムラサキツメクサ。
シロツメクサの近縁種だが、シロツメクサよりも葉も花も大きめ。

GW後半の初日ということで、入園者は多かったように思う。
ゆるゆると周りながら撮影を続行。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

秩父ミューズパーク 展望台から見た街並み [旅・場所]

この秩父ミューズパークには旅立ちの丘以外にも、秩父の夜景が眺められる展望台がある。
自動車ですぐの場所なので後輩たちとそちらへ移動。
駐車場に車を停め、案内板に従って歩く。

秩父ミューズパーク内の森
森に入っていく。
10秒以上露光して、やっとこの写真くらいの明るさで、正直夜中は懐中電灯がないとちょっと危険かも。

数分歩いて展望台に到着。
秩父ミューズパーク 展望台から見た街並み
夜中4時頃で、少しだけ明るくなってきた。
旅立ちの丘よりも若干標高が低く、街が近いので眺めがやや異なるが、同じ秩父の街並み。

秩父ミューズパーク 展望台から見た街並み
少し方角を変えて撮影。
右側に高く見える山は、標高1,304mの武甲山。
この時間帯は10分とか15分の違いで空の明るさがずいぶんと異なる。

秩父ミューズパーク 展望台から見た街並み
実は今回の主たる目的は、秩父の雲海を撮ってみたいということだった。
残念ながら、この写真の通り、朝靄くらいは発生したものの、雲海とまではいかず。
4月は2割強の確率で雲海が発生するらしいが、今回はハズレ。
自然現象なだけに、これは仕方ない。北海道旅行の時には見ることができたけど、ハワイでは見られなかったし。

秩父ミューズパーク 展望台から見た街並み
朝6時頃。
光芒が出るようにF22で撮ってみた。
NDフィルタとかつけていないので、写真としては微妙だな。。。

完全な徹夜となり、このあと秩父から帰途についた。
雲海は残念だったけど星が撮れたのは良かった。
またいつかリベンジせねば。
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

秩父ミューズパーク 旅立ちの丘で見た月と星 [旅・場所]

月
4月29日午前3時頃になると、月は秩父の山に沈もうとする頃だった。
星を見るには月はいない方が良いが、せっかくなので沈む前の月を撮影。
月齢13あたり。

旅立ちの丘の展望台で夜景を撮影したあと、まだ撮影をしている後輩たちを置いて、すぐ下の地面で三脚をセット。
この展望台は人が歩くと多少振動するような造りだったので、星の撮影には向かないため。

街にレンズを向けると星が見えづらいし、ただ真上を撮っても天の川とかがあるわけではないのでつまらない。
自分が夜景を撮影していた展望台を入れてみることに。
秩父ミューズパーク 旅立ちの丘で見た星
よく晴れていたおかげで星が綺麗に見える。
この写真は増感しているので肉眼よりも星がたくさん見えるが、肉眼でもまあまあというコンディションだった。
ちなみにこの日の東京は深夜3時頃の気温が16℃くらいだったのに対して、秩父は9℃くらいだった。
当然ウルトラダウンを持って行って装備済み。
夜の撮影は結構冷えるので。

秩父ミューズパーク 旅立ちの丘で見た星
3分ほど撮ったものを明度合成した星の軌跡。
10分くらい流せば良かったような気もするが、後輩たちが別の場所に行こうというので打ち切り。
実際のところ、これだけ星が写ると10分流すとゴチャゴチャしたかも。
なお、2枚目の写真と違って展望台や木が明るいのは、自動車が途中1台通って、光が当たったから。
暗いシルエットを狙いたい場合は、よくよくそういう人工の光が来ない場所を選ばないとダメという見本。自分はこれはこれでありなので構わないけど。(笑)
あと流れ星が数本写っていた。肉眼では気づかなかったけど、うっすらとした流れ星は結構写るもの。

この撮影を終えて後輩たちと移動。
nice!(14)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

秩父ミューズパーク 旅立ちの丘から [旅・場所]

ゆっくり走って夜中3時くらいに現地に到着。
目的地は、秩父ミューズパーク
秩父市自体初めて訪れた。
ここは夜でも普通に入れる場所。
展望施設は2つあり、その内の1つが旅立ちの丘
ここからは秩父市の夜景を眺めることができる。

秩父ミューズパーク 旅立ちの丘からの夜景
写真の左側やや下に写っている橋は秩父公園橋で、昨日のブログの2枚目がちょうどそこを走っている時のもの。
秩父は細長い盆地なので夜景としての拡がりや奥行きはないのだけど、ここからの眺めはなかなか。
夜景を撮ったり、月を撮ったり。
nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

GW1日目の夜に北西へと [旅・場所]

昨年9月末に職場の後輩たちと星を撮りに行ったことを書いた。(その記事はこちら)
その後気温が低くなってきたこともあってしばらくそういう集まりはしなかったのだけど、今回第2弾を実施することとなり、土曜日24時頃に都内某所で集合し、北西へと向かうこととなった。

関越自動車道
ゴールデンウィークの土曜から日曜にかけてなので混んでいるかと思いきや、0時頃に出発する人はあまりいないようで、下の道もすいすい。
関越自動車道に乗ってしばらく後輩の運転する車でよもやま話。
途中で休憩がてらコンビニに立ち寄るなどして、のんびりと目的地へと向かう。

皆野秩父バイパス
目的地近く。
それなりに距離が離れているので、周辺も暗い。
都心から100km以上は離れないと、夜の空のコンディションはあまり期待できないわけで。
なかなか良さそうな空模様。
nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

旧安田庭園のツツジ 2018 [旅・場所]

旧安田庭園のツツジ
10日前くらいに旧安田庭園の近くへ行くことがあり、立ち寄ってみた。
昨年も訪れていたのだけど、その時赤く塗られていた石橋は塗装が落とされていた。
改修工事をしていたので、その一環で変更したのかもしれない。

旧安田庭園のツツジ
例年なら、これからツツジが本格的に咲くような季節のはずだが、10日前の時点でかなり花開いていた。
やはり今年の春~初夏の花は軒並み前倒しで咲いている感じがする。

旧安田庭園のツツジ
ツツジをアップで。
こういう時どこに焦点をあてるべきなのか、いつも悩む。(苦笑)

街路樹のツツジも満開になっている。
ゴールデンウィークが終わるまでもたないところも多そうだ。
nice!(16)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

藤花園へフジを観に [旅・場所]

藤花園
埼玉県春日部市にある藤花園へ行ってみた。
訪れるのは初めて。
今年の春は多くの花期が前倒しとなっていて、ここもそうらしい。年初の計画では4月20日(金)~5月6日(日)が開園の予定だったが、フジの花が早く花開き始めたことで4月14日(土)~5月6日(日)に前倒しになった。
ここは限られた時期しか開園しないので、今回は6日ほど長く開園することになる。

藤花園のフジ
ここのフジは国の天然記念物に指定されている。
確かに立派なフジだ。

藤花園のフジ
天気が良く、暑いくらい。
棚の高さがあまり高くないので、目の前でフジの花を楽しめるのが良い。

藤花園のフジ
公式ページによると、今日が今年一番の見ごろだったらしい。
実際に見事な咲きっぷりで、花の香りが満ちていた。(^^)

藤花園のフジ
クマバチがたくさん飛んでいた。
おとなしい性格なのでむやみと恐れる必要はないのだけど、さすがに目の前を飛ばれるとちょっと腰がひける。(苦笑)

藤花園のフジ
ここは紫色のフジだけでなく、白色のフジも植えられている。
白色は清楚な感じがして、これはこれで良い。
夜に白いフジを撮ってみたいが、日没後は閉園されている時間なのでここでは無理。

藤花園のフジ
紫色のフジを背景に白色のフジを撮ってみた。
白色のフジの方が少し満開が遅いようで、白色に限ってはあと数日してからの方が見ごろかもしれない。

入園料に1000円ほどかかるけど、ここは一度訪れる価値はあると思う。
nice!(19)  コメント(12) 
共通テーマ:地域

八芳園にて [旅・場所]

八芳園
先週、用事があり八芳園を訪れた。
この場所は自転車で何度か通り過ぎたことがあるが、中に入るのは初めて。
創業75周年を迎えた、立派な庭園のある宴会場・会議場だ。

八芳園の庭園
ソメイヨシノは完全に終わっていたのだけど、ヤエザクラが満開でライトアップを彩っていた。

八芳園のヤエザクラ
ヤエザクラをアップで。

八芳園のヤエザクラ
ここの庭園は人が多すぎず、平日の夜にぶらりと歩くと良いと思う。
用事がないとなかなか入りづらいけど。(^^;

八芳園本館
本館内のカフェもサクラで彩られていた。
オシャレだ。

いつか八芳園のレストランやカフェでゆっくりしたい。
nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

長門豊川稲荷と大寧護国禅寺 [旅・場所]

湯本観光ホテル西京から歩いて10分弱くらいの場所に、長門豊川稲荷と大寧護国禅寺とがあるので、食事の前に行ってみることにした。
大きな駐車場を抜けて、まず向かったのは西側に位置する長門豊川稲荷
1961年に大寧護国禅寺に迎え入れられたとあるので、比較的新しい稲荷ということになる。
長門豊川稲荷参道
幟の建てられた参道を抜ける。

長門豊川稲荷社殿
社殿。
なかなか立派な造り。

少し戻って大寧護国禅寺の本堂へ。
山口県指定有形文化財になっている。
元々の本堂は違う建物であったが、戦火で一度焼け、再建されたものの再び野火で焼け落ち、焼け残った衆寮を本堂として移築したものなのだとか。
大寧護国禅寺の本堂
衆寮を元に造られた本堂は珍しいそうで、仏教寺院の本堂としては山口県下では最大級とのこと。

なお、ここには左大臣にまでなった三条公頼の墓所や、戦国大名大内義隆主従の墓もある。
nice!(16)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

湯本観光ホテル西京 [旅・場所]

今回の山口行きは観光ではなく法事。
広島の実家から法事が行われる墓までは休憩を含めて4時間くらいの移動時間がかかる。
当初は日帰りのつもりだったのだけど、日帰りだと大変な人が多いだろうということで、施主がホテルを予約してくれていた。
法事後に、各自の車でホテルまで三々五々移動し、夕食時間に宴会場で落ち合う手はずに。

湯本観光ホテル西京
宿泊するホテルは湯本観光ホテル西京
長門湯本温泉あたりのホテルとしてはわりと知られているホテルのようだ。
写真は着いた時ではなく翌朝撮ったもの。この写真だと少しわかりづらいが、本館と新館とがあり横につながっていて細長い構造になっている。

ちなみにプーチン大統領を安倍首相がもてなした大谷山荘もここから比較的近い場所にある。

湯本観光ホテル西京
部屋に到着。いわゆる温泉旅館の造り。最近この手の旅館に泊まっていなかったので、ちょっと郷愁を誘われる感じ。(笑)
荷物を置いて、そのあたりを少し歩いてみることにした。
nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行
前の16件 | - 旅・場所 ブログトップ