So-net無料ブログ作成
検索選択
旅・場所 ブログトップ
前の16件 | -

二月堂・三月堂・四月堂 [旅・場所]

早朝に散歩したルートを同じように歩く。
大仏殿を後にして訪れた次の場所が、二月堂
二月堂
二月堂は、建物が国宝に指定されている。
24時間参拝可能で、朝も上がってみた。
眺めが良いのだけど、早朝は空の色がいま一つだった。
日が十分に上った後なので、見晴らしがよい。
二月堂からの眺め

三月堂
二月堂の隣にある建物が三月堂。正式には法華堂と呼ばれる。
東大寺建築のなかでは最も古い建物だそうだ。他の建物は、戦火や失火などで損なわれ、後に再建されている。

四月堂
四月堂、または三昧堂。
ここは三月堂の斜め向かい側に位置する。

このまま北側の道を歩いて戻ると、早朝と全く同じルートになるので、ここからは違う場所へと向かう。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

東大寺大仏殿へ [旅・場所]

早朝(朝5時頃)の散歩では大仏殿には入ることができなかった。
夏季は朝7:30から入れるのだけど、時間は9:40頃。
すっかり観光客でいっぱいに。
東大寺大仏殿
梅雨時だったのに、よく晴れている。ありがたい。

大仏殿の中へ。
東大寺盧舎那仏像
入ってすぐの場所に東大寺盧舎那仏像が安置されている。
奈良の大仏と呼ばれるのがこの東大寺盧舎那仏像だ。

東大寺盧舎那仏像東大寺盧舎那仏像
違う角度から、盧舎那仏像を撮ってみた。
大仏殿も盧舎那仏像も戦火や大風などで何度か焼失したり欠損したりしている。
現在の大仏殿は1709年に再建されたものだが、それでも300年以上経っていることになる。

虚空蔵菩薩如意輪観音
虚空蔵菩薩と如意輪観音。

廣目天多聞天
廣目天と多聞天。

東大寺大仏殿
東廻廊から大仏殿を撮影。
木がなければなー。

この大仏殿は珍しく、外も中も撮影可だ。
フラッシュを使ったり、三脚を使用したりはNGだけど、国宝や重要文化財のある日本の宗教施設としては珍しい気がする。
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

食後は再び奈良公園へ [旅・場所]

歯を磨いたり持ち出すものをまとめたりして、宿を出発したのは朝9時頃だった。
早朝の散歩の時に通ったルートを再び歩く。

興福寺
興福寺の前を通り過ぎる。
やはり日の出頃とは違って、空の色がハッキリ出てくれる。

東大寺南大門
東大寺南大門
朝9時を過ぎている時間帯なので、観光客がたくさん歩いている。
参道に誰一人いなかった、早朝のような光景ではもちろんない。
人が写らないよう、少し上の方を向けて撮影。

シカ
奈良公園の中はシカが一杯。
自分は宮島で散々見ているので、感激要素はまるでなく、写真を1枚だけ撮影。
こうしてみると、結構立派な角を持ったシカたちだな。
ちなみに東大寺はシカの糞尿処理に困っているらしく『鹿の糞尿の処理に困っています。鹿に手持ちの菓子などを与えないで下さい。』とWebにも書いている。
餌やりを1回1万円の許可制にして違反者は罰金2万円とかにすれば良いのではと思ったり。
食害がひどいことも、結果として植生が変わってきていることも、科学的な調査で判明しているわけで。

東大寺南大門東大寺南大門
東大寺南大門の仁王像二体。
網がなければもっとじっくり見られるのだけど、保存のためには仕方ないか。

人の波を泳いで、さらに直進。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

飛鳥荘のあおがきの湯から(朝) [旅・場所]

飛鳥荘のあおがきの湯
さすがに1時間半も歩くと汗ばむ感じだったので、旅館に戻り、朝風呂に入ることにした。
飛鳥荘のあおがきの湯から。
ここは男湯と女湯の入れ替えはないので、何連泊しても露天風呂からの眺めは同じだ。
昨晩同様、誰もいなかったので、スマホで写真だけ撮らせてもらった。
そしてのんびり入浴。
寛げる~。
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

東大寺から宿まで [旅・場所]

奈良公園を抜けて西側の道路を進む。
細い道で、平日の早朝ということもあって、車はほとんど通らない。(そもそも人も滅多に見かけないが)

アジサイ
6月下旬の頃なので、アジサイも見ごろ。

狸の焼き物
信楽焼かどうか不明だが、大きな狸の焼き物があった。

20分くらい歩いて猿沢池まで戻ってきた。
猿沢池

4:45頃に宿を出て、この時点で6:15頃だったので、1時間半くらい歩いていたことになる。
自分のスマホの記録を見てみたら、7,000歩くらい歩いていた模様。
時間的にも歩数的にも、思いのほか歩いていたようだ。
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

大体ぐるりと一周 [旅・場所]

路地を抜けると、目の前には二月堂があった。
東進し続けたけど、東大寺に関連した建物はこのあたりまで。
時間は5:30頃。
まだ時間はあるけど、本格的に日が昇ると暑くなるだろうと考えて、別ルートで引き返すことに。

東大寺参道
先ほどの参道よりも北側の道を歩く。
雰囲気があっていい。時代劇とかでそのまま使えそうな光景。

東大寺講堂跡
東大寺講堂跡あたりを撮影。
ちょうど山の向こうから日が出るところ。

東大寺
東大寺塔頭指図堂あたりを撮ったもの。

ここから宿まで徒歩20分くらい。
日が昇ってちょっと暑くなってきた。
宿に戻ったら朝風呂に入ろうと思いながら宿方面へ向かって歩く。
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

東大寺中門を東側へ [旅・場所]

東大寺の中門から先へは進めない。
ここで引き返しても良かったが、朝食の時間まではまだまだ時間がある。
一方でこれだけ歩いてしまうと、二度寝することもできないだろう。
ということで、少し上の方に向かってみることにした。
中門を廻廊沿いに右手へ進み、東廻廊を北上。
途中にある猫段と名付けられた場所を東進してみる。

猫段
これが猫段。
紅葉の季節は撮影スポットとなるらしい。
なぜ猫段と呼ばれるかというと、かつて山猫が住みついていて、「転ぶと猫になる」と言われるようになったのだとか。

鐘楼
猫段を登りきると、鐘楼がある。
このあたりには、行基堂、念仏堂、俊乗堂などの堂が多い。

さらに道なりに進み、分かれ道を左手へと進む。
参道
緩やかな上り坂の参道を歩く。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

東大寺南大門を過ぎて [旅・場所]

東大寺南大門をくぐる。
東大寺中門
遠くに中門が見える。
参道には当然人がいない。

そのまままっすぐ直進すると右側に池が見える。
鏡池
鏡池だ。
池の中には島があり、弁財天が祀られている。
完全な逆光なので写真としては全般的にいまいち。

東大寺中門
鏡池のあたりから中門を撮ったもの。

東大寺中門
中門の真下から上を見上げて。
参拝可能な時間はここは参拝客が押すな押すなの状態になっているので、こんな風に真下から位置決めして撮影することはなかなか難しいと思う。

東大寺
中門あたりから廻廊を撮ったもの。
残念ながら朝早すぎて、中に入ることはできない。
まだ時間があるので、このあたりをもう少し散策してみることに。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

奈良公園敷地に沿って [旅・場所]

奈良公園を東進すると、緑あふれる交差点に。
ここで北上することにした。
そこからの写真がこれ。
東大寺参道
ここは東大寺への参道にあたる。
朝早いので人が一人もおらず、参道にいるのはスズメくらい。(笑)
ゆるゆると歩いて進む。

やがて、南大門が見えてきた。
東大寺南大門

このあたりは数人散歩しているのだろうという人がちらほら。
地元の人々のようだ。
南大門をくぐって先へと進む。
nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

興福寺を後にして [旅・場所]

前日は行っていなかった、旅館から見て興福寺の向こう側(北側)へと行ってみることにした。

奈良公園
基本的にはこの一帯は奈良公園の区画となる。
興福寺奈良公園の最西端あたりに位置し、北側に抜けると、国道369号線が待っている。
この国道369号線の北側は市街地になるし、西に行っても市街地なので散歩道としては面白みがない。
スマホで調べながら、とりあえず国道沿いに東進することとした。
朝5時前の平日なので、車はまばら。

シカ
少し西の方へ歩いていくと、道路をシカがのそのそと歩いていた。
自動車も人もほとんどいないので、のんびりしたものだ。(笑)
nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

日の出前の興福寺 [旅・場所]

宿で美味しい食事をいただき、貸し切り状態の露天風呂に浸かり、のんびりしつつ就寝。
朝までぐっすり眠る……はずが、なぜか朝4時過ぎに目が覚めてしまった。
この日の奈良の日の出時刻は4:44なので、日の出すらまだだ。
普通の休みの日なら二度寝するところだ。けれど、目が覚めたところで、この時間なら観光地に観光客がいないのではないかということが頭に浮かんでしまい、二度寝のコースは遥か彼方へいってしまった。

そそくさと着替え、財布とスマホを持って外へ。
日が出ていないが外は晴れ。
気温は20℃くらいで快適。
前日夕方に訪れた興福寺へ。
早朝なので人はほとんど見かけない。

興福寺の五重塔
興福寺の五重塔
日が出る直前くらいの色合いはまた独特で、これはこれで美しい。

興福寺
パノラマモードで朝焼けの色が入るように撮影してみた。
左側は休館中の国宝館、真ん中右側が東金堂、右端が五重塔
これを撮影したのがちょうど日の出頃。

興福寺
東金堂五重塔
人がいないので、のびのび撮影できる。

前日伝えていた朝食の時間にはまだまだ余裕があるし、せっかく天気も良いので、さらに散策してみることにした。
nice!(11)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

飛鳥荘のあおがきの湯から [旅・場所]

あおがきの湯
飛鳥荘には展望露天風呂がある。
男性用は「あおがきの湯」で女性用は「うきぐもの湯」と名付けられている。
宿泊客は誰でも入れるが、ここはそれほど広くなく、別に中規模の浴場が用意されている。
自分が展望露天風呂に行くと誰もいなかったので、スマホで写真だけ撮らせてもらった。
そしてのんびり入浴。
貸し切り状態なのですごく寛げる。
梅雨時なのに雨に降られず眺めを楽しみながら風呂にはいれたのはラッキーだったな。
nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

飛鳥荘和室丸窓からの眺め-夜空 [旅・場所]

飛鳥荘和室丸窓からの眺め
夕焼けを撮ったり、歯を磨いたり、のんびりしていると暗くなってきた。
昼とはまた違った眺めになるだろうと、部屋の電気を全部消して、飛鳥荘和室丸窓からの眺めを撮影。
興福寺の五重塔がライトアップされ、昼間に見た感じとはまた少し違ったイメージになる。
なかなか良い眺め。(^^)
nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

食後の外の眺め [旅・場所]

自分が泊まった部屋は、ベランダに出ることができる部屋だった。
ベランダと言っても、通路くらいの細さで座ってどうこうするとかそういう広さはない。
夕焼けが独特な感じだったので、外に出てみた。
夕焼け
この旅行はもう1ヶ月以上前のことで、梅雨時のど真ん中だったのだけど、雨に降られず、日中は薄曇りくらいだった。
夕方に夕焼けが見られたということは、明日はきっと晴れなのだろうなぁと思いながら、写真撮影。

夕焼けと興福寺
興福寺を入れると、ちょっと角度的には夕焼けのベストポジションとは重ならない。
ちょっと残念。(^^;
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

興福寺の後は猿沢池へ [旅・場所]

興福寺の五重塔
興福寺の境内を散策した後、奈良公園方面へ出かけることも考えたが、時間は17:30過ぎで夕食の時間まで1時間切っていたこともあって、すぐそばにある猿沢池をぐるりと周って宿へ戻ることとした。

猿沢池
奈良公園内の池である、猿沢池。
興福寺の五重塔が池の水面に映ることもあり、興福寺の紹介ではこの風景がよく取り上げられていると思う。
奈良時代に人工的に作られた池なのだそうだ。

猿沢池
猿沢池には七不思議がある。
・澄まず
・濁らず
・出ず
・入らず
・蛙はわかず
・藻は生えず
・魚が七分に水三分

時の帝の寵愛が衰えたことを嘆き悲しみ、月夜に猿沢池へ入水した采女の霊を慰める祭礼があるとのこと。
中秋の名月のころなのだそうだ。
それほど大きくない池なのだけど、いろいろと興味深い話がある場所。
nice!(18)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

興福寺の三重塔 [旅・場所]

次に訪れたのが、三重塔

興福寺の三重塔
国宝。
北円堂とこの三重塔が、興福寺最古の建物なのだそうだ。
残念ながら、薄曇りで西日が当たる環境で、逆光なのであまり良い写真が撮れず。

興福寺の三重塔
これは少し坂を上って撮ったもの。真下から撮るのとはまた違った見え方になる。
こちらは五重塔よりも穏やかな印象を受ける。
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の16件 | - 旅・場所 ブログトップ