So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ
前の16件 | -

バスタ新宿 [旅・場所]

バスタ新宿
新宿駅南側で長く工事をしていて昨年春に開業したバスタ新宿
まだ一度も使っていないどころか、最近までその建物の外観すらTVなどでしか見たことがなかった。
先日久しぶりに新宿で下車して目にしたので写真を一枚撮影。
今後も新宿発のバスを利用する機会はなさそう。あるとしたら長距離バスで旅をするような場合かな。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

RP-CHE05-K [小物・雑貨]

RP-CHE05-K
職場で使っている液晶ディスプレイとノートPCをディスプレイ付属のVGAケーブルで接続をしていたのだけど、少し接触が不安定なので、HMDIケーブルを買ってみた。(液晶ディスプレイはHDMI端子はあるもののケーブルは別売)
長いものは不要だったので、50cmの長さで適当なものがないかネット検索。
たまたま見つけたRP-CHE05-Kが良さそうだったので購入し、会社へ持って行って接続してみた。
何の問題もなし。
(液晶ディスプレイ側の設定を少し変更しないと画像が出なかったのでちょっと焦ったけど。(^^;)
机上のノートPCと繋ぐなら、50cmとか80cmくらいの長さがちょうどいい。
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

えびすフィナンシェ [飲食・料理]

20170920.jpg
先日、大阪へ出張があり、自分用の土産を買ってみた。
えびすフィナンシェ
新大阪駅と伊丹空港でしか販売していない、アンリ・シャルパンティエの洋菓子。
国内産大納言小豆が入ったフィナンシェで、なかなか美味しかった。
これはありだ。
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

そろそろ秋に向けて [雑感]

青空
昨日の東京は33℃まで気温が上がったらしい。
確かに暑かった。
今日も日中は日射しが強かったが、28℃止まりで、湿度もそれほど高くなったため、過ごしやすかった。
明日もそのくらいの気温だとか。
10月終わるまでには大掃除しようかなあと思っているところ。今週末あたりからちょっとずつ片づけとか進めないとな。
nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

8月のSo-netブログオフ会 [飲食・料理]

奈良・京都旅行ネタを書き続けていたので、かなり遅くなってしまったけど、先月のオフ会のことをアップ。
さんが戻ってくるということで、リュカさん、kuwachanさん、ake_iさんとで集まることに。
(リュカさんのブログはこちらで、kuwachanさんのブログはこちら)

集まったのは、新橋にある魚〇本店。
お盆期間中の平日昼過ぎに集合。
自分は午前仕事だったので、職場から直行。(^^;

下は食べた料理の写真。(一部撮っていないものもあり)
魚〇本店の一品魚〇本店の一品
魚〇本店の一品
大きい写真は刺身の盛り合わせ。
なかなか美味しかったが、北海道で旨い海鮮三昧のさんにとっては惹かれるほどではないそうで。いいなぁ。(笑)

魚〇本店の一品魚〇本店の一品
魚〇本店の一品
大きい写真はマグロの尾の身のステーキ。
筋肉質な部分で大変美味しかった。(^^)

魚〇本店の一品魚〇本店の一品

自分は数日前に38℃以上の熱が出ていたこともあり、飲食はやや自重気味なペースだった。
でも十分に美味しく楽しく時間が過ごせて良かった。

このあとは恒例のカラオケで各自熱唱し、お開きに。
土産物もいろいろともらって感謝感謝。またいつかやりましょう。
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

奈良土産 [飲食・料理]

アナタとなら… 奈良の恋人
奈良土産。
「アナタとなら… 奈良の恋人」。
会社用。
まあよくあるラングドシャ系の菓子。

飛鳥荘 葛餅
奈良で宿泊した飛鳥荘で売られていた葛餅。
本葛を使用しているそうだ。

飛鳥荘 葛餅
もっちり。一人分ずつ小分けされていて食べやすい。
これは美味しかったな。
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

奈良・京都旅行を終えて [旅・場所]

京都国立博物館で適度に時間を調整し、京都駅まで歩いて向かう。
バスは観光客で恐ろしいことになっており、待って乗るほどのものではなく。

京都駅から新幹線で東京へと向かう。
夕焼け
空模様は雨が降った後らしき独特の色合いと雲の形を見せていた。

梅雨時の3泊4日の旅程だったのだけど、傘を差したのは1時間くらいだったので運がよかった。
これまで訪れたことのなかった場所も多くまわれたし、充実した旅だった。
夕焼け

自宅まで無事に戻り、奈良・京都への旅行のブログはこれにておしまい。
ちょっとだけ土産物について書いたら普通の記事に戻る予定。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

カフェ からふね屋にて [飲食・料理]

トラりん 抹茶ラテ
京都国立博物館を見学して、もうあとは夕方に出発する新幹線に乗るまで時間調整をするだけ。
京都駅まで戻ってしまうと、おそらくどこも混雑しているだろうということで、敷地内にある、からふね屋珈琲 京都国立博物館店へ入ってみた。

この店限定の、トラりんがラテアートで描かれている抹茶ラテを注文。
トラりん京都国立博物館のイメージキャラクターで、この店舗限定のメニューに使われている。
120周年記念ドリンクメニューとのこと。

からふね屋珈琲自体はパフェの種類が多いことで有名なチェーン店で京阪神に10店舗ある。
たぶん初めて入った。
いつかパフェを食べてみるかな。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都国立博物館 [美術・娯楽]

昼食を終えてホテルに戻って荷物を受け取り、京都駅へ。
荷物を持ったままの観光は面倒なので、京都駅でコインロッカーを探す。
これが大変だった。
ある程度予想はしていたけど、何ヶ所もあるコインロッカーが全滅。
ネットで探しても、京都駅のコインロッカー不足は深刻という話ばかり。
運よく、たまたま出したばかりと見られる、かなり大きなコインロッカーが1つ空いていたので、そこに荷物を入れて午後の観光に出発。(^^;

バスで向かったのは京都国立博物館
これまでの京都旅行は何度もしているが、工事中だったり、旅程に合わなかったりで、実は一度も行ったことがない場所だった。

京都国立博物館
当日券を購入して敷地内へ。

入ってすぐ右手に、明治古都館が見える。
片山東熊設計による建物で、1895年に竣工している。
明治古都館

平常展示は2013年竣工の平成知新館で行われており、中へと入った。
中は撮影禁止のため、一切写真はなし。

仏像、絵画、書などさまざまなものを見て周った。
特に仏像や神将像が心に残った。

次に京都へ行くときはまた時間を作って訪れたい。
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

とり伊で親子丼 [飲食・料理]

仁和寺を後にして、御室仁和寺駅からホテルへと戻った。
チェックアウトをして、荷物は一時預かりしてもらい、近くのとり伊へ。
とり伊
午前11時半から営業するということで、店の前で待っていると、営業10分前くらいに店の人が声をかけて店の中へ案内してくれた。
午前11時半ちょうどにオーダーを聞かれ、親子丼を注文。
お新香と鶏だしスープがついて690円と安い。

とり伊の親子丼
運ばれてきた親子丼。
旨い。
日曜日以外は日替わりランチもあり、それも690円と安い。
観光地価格ではないところが良い。
このあたりを訪れた際に、また利用しようと思う。
nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

仁和寺の御殿の中 [旅・場所]

仁和寺の御殿の中の部屋には残念ながら入れないが、襖絵や調度品は見ることができる。
何枚か写真に撮ってみた。

仁和寺の御殿の中
仁和寺の御殿の中
仁和寺の御殿の中
仁和寺の御殿の中
仁和寺の御殿の中
最後の写真は、宸殿のもの。それ以外は白書院、黒書院で撮った。

まだ早い時間だったのと、天気がいま一つだったおかげで、わりとゆっくりと見ることができた。
仁和寺の南に位置する二王門から出て駅へ。
仁和寺 二王門

この時にはもう雨が上がっていた。
nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

仁和寺の御殿の庭 [旅・場所]

仁和寺 勅使門
仁和寺の勅使門。
勅使を受け入れる寺社には勅使専用の部屋や門が造られているところがある。この仁和寺にある勅使門はこれ。
なかなかゴージャス。
晴れた日に真正面から撮りたいところ。

仁和寺 南庭
本坊表門から中へ入り、御殿入り口から御殿の中へ。
すぐに見えるのが南庭。

仁和寺 南庭
南庭は、白い砂が敷き詰められ、松、杉、橘などの木々が植えられているシンプルな庭。

仁和寺 北庭
御殿の奥の方へと進むと、北庭が見える。
こちらは池泉式の庭園。
木々に池と変化に富む庭。

仁和寺 北庭
奥に見えるのは五重塔。
雨なのが残念。
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

仁和寺へ歩いて [旅・場所]

龍安寺を出て、きぬかけの道を西方面へと歩く。
道なりに10分くらい歩くと仁和寺の東門に到着。
仁和寺 東門

西にまっすぐ歩き、大きな道へと出る。
南へ行くと出口なので、北へと向かう。
仁和寺境内

仁和寺 中門。
仁和寺 中門

中門を通り過ぎまっすぐ真正面にある建物が金堂だ。国宝。
仁和寺 金堂
修復なのか雨除けなのか、木で覆われていたのが残念。

鐘楼。金堂の西側に位置する。
仁和寺 鐘楼
独特の形状だ。

御影堂。
仁和寺 御影堂

経堂。
仁和寺 経堂
このあたりでついに雨が降ってきた。

五重塔。
仁和寺 五重塔
すぽんと直方体のような形状。
周囲が木々に囲まれているため、斜めの角度から見ることは難しい。

梅雨なので雨が降るのは仕方がないが写真が撮りづらい。(^^;
伽藍の南西に位置する御殿へ行ってみることにした。
nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

龍安寺の鏡容池 [旅・場所]

龍安寺
龍安寺の本堂を出て反時計回りに歩く。
本堂の中は観光客がそれなりに増えていたが、境内の道はまだそれほどでもない。

龍安寺 鏡容池
鏡容池。
寺院にある池としては大きな方ではないかと思う。
スイレンが何輪も咲いていた。
本堂が水面に写り込んでいる。

龍安寺 鏡容池の水分石
鏡容池にある水分石。
「すいぶんせき」ではなく「みくまりいし」と読む。
池の水位を測るために置かれている石なのだとか。

龍安寺 鏡容池
鏡容池の全体はこんな感じ。
青空だともっと美しいと思う。

サクラやカエデなどの木々が周辺に植えられているので、春や秋は色合いの変化がもっと強いのではないかと。

静かな雰囲気の龍安寺を後にした。
nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

龍安寺の方丈にて [旅・場所]

龍安寺
本堂入ってすぐの場所にある屏風とぼんぼり。
屏風には、寺西乾山による中国の漢詩が書かれている。
 結盧在人境(盧を結んで 人境に在り)
 而無車馬喧(而も 車馬の 喧しさ無し)
 問君何能爾(君に問ふ 何ぞ能く爾ると)
 心遠地自偏(心遠ければ 地自ら偏なり)
 採菊東籬下(菊を採る 東籬の下)
 悠然見南山(悠然として 南山を見る)
陶淵明という人の「飲酒」二十種其の五の漢詩だ。

龍安寺
狩野派の手による襖絵があったそうだが、明治時代の廃仏毀釈の際に売られてしまったとのこと。
現在は、皐月鶴翁の手による襖絵となっている。

龍安寺
石庭の反対側に位置する場所にある蹲踞。
中心が四角く彫られており、それを囲むように五(上)・隹(右)・矢(左)・疋(下)の4字が刻まれている。
四角い部分を口として一つの漢字に見立て、上右左下の漢字を繋げて読むと、吾唯知足となる。
「われ ただ 足ることを 知る」と読める。
石庭を見に訪れたなら、ぜひこの蹲踞も見ると良いと思う。
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

龍安寺の石庭 [旅・場所]

龍安寺の石庭の見本
本堂に入り、すぐ左手あたりに、石庭の様子を示す模型があった。
ふむふむ。

龍安寺の石庭
実際の石庭。
自分が持っている広角レンズだとこれが精いっぱい。
スケール感は写真では何とも表現が難しい。

龍安寺の石庭
方丈に座り込んでしばし石庭を眺める。
岩と石とがあるだけの庭なのだけど、何とも言えない空間が広がる。
この石庭は、完全な水平とはなっておらず、左奥に向かって緩やかに傾斜しているのだそうだ。
排水などのことを考慮してのことらしい。

龍安寺の石庭
石庭はどこから見ても独特の趣きがある。

朝一で行って正解だったのは、ここで10分もしないうちに、海外からの旅行者と思われる団体が複数訪れてきたこと。
アジア系ばかりでなく、ヨーロッパ系のツアーもいて、一気ににぎやかになってしまった。
説明をいろいろとするので、静かにたたずむことができないのはある意味仕方ないことではあるのだけど。

石庭を眺めるのは切り上げて、方丈の中を見て周ることとした。
nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行
前の16件 | -
2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ