So-net無料ブログ作成

近畿大学水産研究所へ [飲食・料理]

梅田スカイビルを後にする頃には、さすがにそろそろ晩酌、もとい晩飯をとお腹が強く主張していた。
時間としては20時半。
何だかんだと1時間くらい梅田スカイビルあたりにいたことになる。

行き当たりばったりの行程だったこともあるし、この近辺は大きく変わったこともあって自分が知っている店はない。
手ごろなところはないかスマホで調べてみた。

近くのグランフロント大阪の中に、近畿大学水産研究所があることを発見。
行ってみることに。
近畿大学水産研究所

わかりづらいグランフロント大阪の中を移動して、店に到着。
店頭に出ていたメニューを眺める。
カウンターがあるので、一人でいろいろとつまめる品々があるかと思いきや、どう見ても一人で訪れるには不向きなメニュー構成。
どうするか悩んだけど、銀座と梅田にしかないことだし、たまたまカウンターが2席空いているようだったので、ここでお腹を満たすことにした。


生ビール生ビールを注文。
仕事も終わって少し歩き回った後なので、旨い。
カウンターとテーブルとがあり、基本的には1人で飲食しているひとはいない感じ。
アウェーだ。(笑)

メニューをマジマジと眺める。
しかし、やはり一人に適したメニューはあまりない。
そもそも、ここに来たからにはマグロを食べないと話にならないのだけど、マグロの刺身は4種類3枚ずつで2700円という皿しかない。
これを頼むかどうか悩みつつ、最終的には頼まなかった。
1人ならランチタイムの方が良さそうだ。


最終的には以下の4品をいただいて会計。
突き出し自家製ツナのマカロニサラダ
高野山ごま豆腐近大マグロ ネギトロ巻き寿司
左上は最初の突き出し。右上が自家製ツナのマカロニサラダ。
左下が高野山ごま豆腐。右下が近大マグロ ネギトロ巻き寿司。

夜は複数人の方がおススメ。
綺麗な内装で、店員さんの対応もきちんとしているし、たまにはいいと思う。
銀座店の方はやたらと混んでいるらしいので、梅田店で行けたのはラッキーだった。

空中庭園からの眺め [旅・場所]

空中庭園からの眺め
展望室からの眺め。南側
19時半頃。まだ夜景というには明るい色合い。
眺めはとてもいい。
この時間帯はこの時間帯でありだなー。

硝子のカウンターが空いていたので、そこでしばらく空の色の変化を楽しむことに。
周辺は半分くらいは日本人だが、半分くらいは海外からの旅行客らしき人たち。
いずれにしても一人だけで来ている人は少ない感じ。(^^;

下の写真は上の写真を撮ってから15分くらい経ったところ。
空中庭園からの眺め
それなりに暗くなってきた感じがわかると思う。
こちらの写真は北側を向いて撮ったもので、中央を流れているのは淀川だ。

屋上へ階段で向かう。
風が気持ちいい。
この時期ならでは。

空中庭園
下から見上げて空洞だったところを逆に上から撮った写真。
本当に独特な形状だなぁ。

ここは円形にぐるりとまわることができる。
2方向で撮った写真をアップしておく。
空中庭園からの眺め
南側方面。(クリックすると大きな画像が開きます)

空中庭園からの眺め
北側方面。(クリックすると大きな画像が開きます)

空中庭園からの眺め東方面を撮影。
ビルとビルの隙間から、阪急ヘップファイブの屋上にある観覧車が見える。

出張で仕事目的だったため、もちろん三脚は持ってきていない。
どの写真も手すりを利用して撮影したもの。
本当は絞りを目いっぱい絞って撮影して、自動車のランプが流れていく状態で撮りたかったが、どう考えても手持ちでは無理。(笑)

それはそれとして、やっぱりカップルが多いなぁ。
写真を撮っていると、カップルの邪魔になりそうなので、ささっと撮ってそそくさとその場を離れる。(苦笑)



展望室から一階に降りて、ビルを撮影。
梅田スカイビル

やっぱり夜の方が雰囲気あるなぁ。
梅田スカイビル

それほど混んでいないので、真下から撮影したりできる。
思い付きで行ってみたけど、なかなか良かったなー。

空中庭園へ [旅・場所]

空中庭園入口梅田スカイビルの入り口から、空中庭園に向かうフロアへと、エスカレータで向かう。
全く何にも調べていないので、どういう構造や仕組みなのか、全然知らないまま。(^^;
平日だからなのか、時間帯のせいなのか、意外と人がいない。
エスカレータで上がると、エレベータ乗り場への通路を歩く。
途中に梅田スカイビルの模型が置いてあり、それを横目にエレベータ乗り場へ。
東京スカイツリーとか東京タワーとかだと、エレベータに乗るためにそれなりに待たされる。
エレベータは2基あるが、これで十分なようだ。
エレベータで上がると、誘導路があり長いエスカレータ乗り場へ。
これが右側の写真。


空中庭園入口上の写真の入り口をくぐったところ。
長いエスカレータが見える。
こうやって人がいないところを撮るのが意外と難しかった。
ただ単に待っていると、次の集団が到着してしまうので。(笑)
エスカレータが階段状ではなくシート状に見えるが、暗くなる時間帯でシャッタースピードが長かったため。(^^;

エスカレータで上がりきると案内所が見えた。
あ、やっぱりお金が必要なのか。
スマホでざっと調べただけだとよくわからなかったので、ひょっとすると無料かとも思ったが、さすがにそんなことはなかったようだ。(笑)


空中庭園入口入場券を購入。
800円。
値段よりも、日暮れ時に一人切りで券を買っている人がほとんどいないあたりが心苦しい。(笑)
大体が家族連れか恋人とって感じだ。
そこから階段で上のフロアへ向かう。


空中庭園写真の通り、展望室っぽくないシックな感じ。
高層ビルやタワーの展望室というと、タイルや鉄骨、コンクリートなどの無機質な感じが多いが、ここは違う。
ちょっとリッチな雰囲気。

ここから外の写真を何枚か撮ったが、それはまた別の記事で。

梅田スカイビル [旅・場所]

梅田スカイビルの梅田七夕ホテルを後にして、JR大阪駅へと移動。
今回は大阪の夜景を撮るつもりだったが、大阪城公園方面へ行くか、大阪駅あたりを撮るか、少し悩んだ。
何となくで大阪駅あたりを選んだが、これが正解だったらしい。
省エネのためのライトダウンキャンペーンで、大阪城天守閣は、この時期撮影には不向き。
偶然の結果だが、運がよかった。

向かったのは一度も行ったことがない梅田スカイビル
地上40階建て173mの高層ビル。
22年前に完成しているが、これまで機会がなくて一度も訪れていないままだった。


大阪駅から徒歩5分くらいでビル前に到着。
梅田七夕と名付けられたイベントに合わせて飾り付けられていた。
少し歩いてビルの真下に。
梅田スカイビル
独特の形状。
世界的に有名な建築物ということで、大阪を訪れる多くの海外からの旅行客がここを訪れるとか。
実際にアジアやヨーロッパからと思われる旅行客が多く周辺を歩いていた。
テナントとしてメキシコ領事館やドイツ総領事館が入っているとかで、なおさら海外の人を多く見かけたのかもしれない。

梅田スカイビル
真下から見上げたところ。
19時頃だったので、まだ夜空という感じではない。
このあとは展望台へ。

ワシントンホテルプラザ新大阪に宿泊 [旅・場所]

ワシントンホテルプラザ新大阪大阪への出張で仕事をした後、一通りの仕事を終えてホテルへ。(先日の話)
自分が大阪泊で大体使うのは、ワシントンホテルプラザ新大阪
その名の通りワシントンホテルプラザグループのホテル。
新大阪駅から徒歩圏内と近いことや、宿泊費がそこそこリーズナブルで、部屋が多くて予約が取りやすいこともあり、寝るだけのホテルとして使うことが多い。
大阪に住んでいた時期があるため、鉄道を使ってぶらりと出かけるのも苦にならないし。
チェックインして荷物を置いて出発。
以前の出張の時は、ミナミへ出かけたが、今回はそちらまでは足を延ばさなかった。
出かけた先については、また別の記事で。

出張で大阪へ [旅・場所]

新幹線車内先日、大阪へ出張があり、新幹線で移動した。
のぞみの窓際の席を予約。
自分はタバコを吸わないし、ワゴンサービスで何かを買うこともほとんどないし、トイレに立つことも基本的にはないので、窓際が楽。
通路を通る人を気にしなくていいし、コンセントが使えるので、ノートPCやスマホを充電できるのもメリット。
寝ていても仕事をしていても本を読んでもメリットが大きい。
ただ、意外と通路側を好む人もいる。
頻繁に電話がかかってきてデッキに移動したいとか、喫煙者で喫煙ルームにちょくちょくと行きたいとかというケースだろう。


新大阪駅今回の移動では半分くらいの時間仕事して、半分くらいの時間寝ていた。
新大阪まで2時間半。
昨年は数ヶ月に一度くらいのペースで近畿圏に出張しているが、今年もそのペースになりそう。

今日も暑いぞー [雑感]

夕焼け
今日の東京の最高気温は30℃。
梅雨とは思えない晴れ方で、真夏という感じ。
湿度は高いし、営業外出しただけで日に焼けたように思う。(^^;
そろそろ職場でも長袖シャツではなく半袖シャツをメインに着ていくかなー。

メリーチョコレートの果樹園倶楽部 [飲食・料理]

果樹園倶楽部写真はメリーチョコレート果樹園倶楽部
もらったものでも買ったものでもない。
マイレージが中途半端に残っていて、交換できるものがこれくらいしかなかったので。
この商品、季節限定で4月15日に発売されたものらしいので、新顔だ。
見た目通りフルーツを使ったゼリー。
白桃、洋梨、伊予柑、サクランボ、リンゴ、ブドウの6種類で、この手のものにありがちな洋酒も使われていない。
蒸し暑い梅雨時はこういう涼しげな水菓子がうれしいので、いいポイント交換になったかな。

豆腐ぶっかけ飯 ~鯛だし味~ [飲食・料理]

豆腐ぶっかけ飯 ~鯛だし味~吉野家朝食メニューを久しぶりに食べた。
6月10日から新発売の『豆腐ぶっかけ飯 ~鯛だし味~』。
まだ2週間経っていない新顔。
やさしい味と安価な値段にカロリー控えめ。
これはいい。
飲んだ日の翌朝とか、夏バテで食欲のない朝に、お勧め。
朝食はあまり外で食べることはないけど、これはたまに食べようかな~。

スターダストディフェンス [美術・娯楽]

スターダストディフェンス
数日前にネットで見つけたフリーゲームの「スターダストディフェンス」。
パソコンとFlash Playerがインストールされた環境であれば、ブラウザ上で遊べる。
マウスだけの操作なのでシンプルなのだけど、パズル的な面白さや雰囲気のある音楽でとても面白い。
一面ずつ遊んでいるが、考えて配置したりしないとパーフェクトクリアができない。
無料なのに、面白いし手軽にできていい。
しばらくは、このゲームばかりやっていそう。(笑)

東京スカイツリー「煌」 [旅・場所]

東京スカイツリー「煌」今日から7月17日までの間、東京スカイツリーでは写真のような特別ライティングが行われる。
下の方を金色に、上の方を白色で照らして、天空に広がる銀河を表現したそうだ。
黄色系のライティングは以前にもあったけど、ライティングのレパートリー全体で見れば珍しいカラーだと思う。
てっきり夏本番でビールカラーかと思ったが、全然違った。(^^;
これを見ながらビールを飲むと気分が出ると思うのだけど。(笑)

長命寺桜もちにて [飲食・料理]

長命寺桜もち
長命寺桜もち
2回ほど取り上げたけど、いずれも持ち帰りにして家で食べた時のもの。(1回目はこちら、2回目はこちら)
実は、長命寺桜もちは店舗で一つ200円、煎茶付きだと一つ300円でいただける。
写真は2個あるので、煎茶1杯+桜餅2つで500円ということになる。
店内でも一度食べたことがあったのだけど、ブログでは取り上げていなかった。
今回、久しぶりにいただいてみた。
塩気が強いので、葉っぱは別途持ち帰って混ぜご飯とかに切り刻んで入れたいくらいだが、店舗でいただいているので、そういうわけにもいかない。(笑)
桜もちはあいかわらず美味しかった。

曇天下の東京スカイツリー [旅・場所]

曇天下の東京スカイツリー写真は曇天時に撮った東京スカイツリー
厚い雨雲が出ている日というのはよくある。
ただ、そういう日は東京スカイツリーの全部が見えないことが多い。
雨雲がかなり低い位置で流れるため、500mくらいから上が見えないことが多かったりする。
こういう写真はいつでも撮れそうで、実は雨雲が迫っている状態だとか、たまたま東京スカイツリーの周囲だけ雨雲が切れているとかでないと撮れなかったり。

マドレーヌ風 生もみじ饅頭 [飲食・料理]

マドレーヌ風 生もみじ饅頭先日のブログで、KONDITOREI CAFÉ BACKEN MOZARTに行ったことを書いたが、その時に買った自分用の土産物のことを書くのを忘れていた。
もともと、バッケンモーツアルトは洋菓子の店なのだけど、和菓子も作っている。
今回買ったのは、もみじ饅頭。
有名なのは、藤い屋とかにしき堂とかなのだけど、作っているところはもっとたくさんある。少なくとも二桁の店があるはず。
そういう意味では広島の菓子店が作ること自体は珍しいわけではないが、バッケンモーツアルトが作っていることは知らなかった。
それを店頭で見かけて購入してみた。
マドレーヌ風 生もみじ饅頭。
モンドセレクションの銀賞を何度か受賞しているとのこと。
もみじ饅頭でモンドセレクションの賞を受賞しているところは他にないらしいので、そういう意味では珍しいもみじ饅頭かと思う。
味にそこまで劇的な差があるかどうかは並べて食べ比べていないのでわからないけど、普通に美味かった。

2色のアジサイ [雑感]

アジサイ
アジサイは一つの株から咲いたものでも、色が違っていたりする。
源平咲きしているのではなく、土壌のアルミニウムの吸収の違いや花の老化に伴うもので、遺伝子的には同じもの。
ただ、この写真のように、一朶の花が半分ずつ色がはっきりと違うものはあまり見たことがない。
珍しいので写真に撮ってみた。
これは老化が理由なのだろうか。

ちなみに、アジサイはこの一つのまとまりを一朶(いちだ)、二朶(にだ)と数えるそうだ。
知らなかったな。

梅雨入りしたはず [雑感]

夕日
関東が梅雨入りしてから1週間経った。
しかし雨が少ない。
通勤や外出が楽なのでありがたいけど、水不足になりそうな気がする。大丈夫なのかな?
長期予報では冷夏になる可能性があるようだけど、ずっと暑い。
今日も30℃超え。
本当に梅雨らしくないなぁ。