So-net無料ブログ作成

無線LANただ乗りの判決に [ブログ・ネット]

WiFi
先日、他人が契約した無線LANのアクセスポイントを無断で使用した件に関する判決で無罪が確定した。
無線LANのパスワード解読が電波法違反にあたるかが争われたのだけど、『パスワードは通信の秘密には当たらない』として無罪判決があり、検察側が控訴しなかったことにより確定したわけだ。
この判決については、法律の整備がされていないことが問題で裁判所の判断はある意味仕方ない面があると思う。
いずれにしても、自宅の無線LANアクセスポイントのパスワードを設定しないとか、WEPのような時代遅れ過ぎるものを使わないとか、WPA/WPA2でも「0000」のようなパスワードとは言えない数字の羅列にしないとか、自衛してしかるべきだ。
自宅や自家用車のカギを一切せず、現金をあちこちに裸で積んでおくような無防備さだからだ。
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 4

takenoko

先日、我が家の無線LANルーターを変えました。(かなり古い物でした)
by takenoko (2017-05-14 05:00) 

kuwachan

こういう方面の法律は後手後手で時代に即していないですよね。
by kuwachan (2017-05-14 11:46) 

kou

>takenokoさん、
無線ルーターはそろそろ進化が止まりつつありますので、買い替えられたものは当分機能的な見劣りなく使えると思います。
by kou (2017-05-14 22:01) 

kou

>kuwachanさん、
法律を作って通すとなると労力がかかるので、仕方のない面もあるのでしょうね。
今回の判決を受けて、法律の改定に動くかもしれません。
by kou (2017-05-14 22:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0