So-net無料ブログ作成

浜離宮恩賜庭園のウメ2017 [旅・場所]

引き続き、浜離宮恩賜庭園のネタ。
今回はウメ。

浜離宮恩賜庭園のウメ
汐留や浜松町あたりの高層ビルがあるので、上の写真の通り、高層ビルとウメの写真を撮ることができる。
ただ、あまりそういう写真は好きではないので、これ一枚のみ。(苦笑)

浜離宮恩賜庭園のウメ
梅林の様子。
ここは長細い敷地にウメが植えられている梅林があり、幅はそれほどでもないが、奥行きはそれなりにあって、散歩しながらあれこれ眺められるようになっている。

浜離宮恩賜庭園のウメ
独特のウメの枝ぶり。
背景が薄黄緑色なので、何やらちょっと屏風絵っぽい。

浜離宮恩賜庭園のウメ
アップで。
菜の花畑横の並木は半分くらい散っていたが、この梅林は日陰になる位置にあるせいか、ちょうど見ごろな感じだった。

浜離宮恩賜庭園のウメ
こちらもアップで。
ふんわりした薄紅色が美しい。

浜離宮恩賜庭園のウメ
源平梅。
この梅林には何本か源平咲するウメがある。
源平咲というのは、同じ木なのに、違う色の花をつけたり、花弁どうしでも色が異なったりする咲き方のこと。
この写真だと、中央手前は濃紅色なのに、奥の数輪や手前でボケている数輪は白色なのだけど、こういう咲き方を源平咲と呼び、ウメ、モモ、サクラではよく見られる。

菜の花の香りが強かったので印象がやや薄れてしまったけど、ウメの花の香りがこの梅林当たりには漂っていた。
落ち着く。
nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 15

コメント 4

kuwachan

梅らしい枝振りですね。
うちのもそうなのですが、梅ってシベが長いですよね^^
by kuwachan (2017-03-09 12:21) 

micky

ここの梅は低い木に枝が張り、江戸時代っぽくて、好きです。
源平咲、そういう意味なんですね。新宿御苑で、源平桃という花桃の木があったので、突然変異かと思ってました。納得です。
by micky (2017-03-09 17:16) 

kou

>kuwachanさん、
ウメは枝ぶりは本当に特徴的だなと思います。
確かに雌しべが本当に長いですよね。
by kou (2017-03-09 20:45) 

kou

>mickyさん、
そう、どこか江戸っぽさを感じますよね。
源平咲はいろいろな品種で見られるのですが、遺伝子的には突然変異というパターンが多いようです。中には接ぎ木でそういう形にする場合もあったりとか。
by kou (2017-03-09 21:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0